神奈川県立元石川高等学校

アントレプレナーシップ

教科アントレとは

 社会問題をテーマに提言やものづくりでアウトプットを見出しコミュニケーション能力やリーダーシップ、プレゼンテーション能力等を醸成していく授業です。PBL(Project Based Learning)というディスカッションやプレゼンテーションなどで1年間、課題を追求していきます。立教大学経営学部、慶応大学湘南藤沢キャンパス飯盛研究室、相模女子大学ビジネスマネジメント学部などの大学、電通などの企業、自治体、NPOなどの外部の教育力と協働して授業を組み立て、実践的な授業を実施します。授業は平成29年度から学校設定教科として設置されました。


2017年度に取り組むテーマ

アントレの記録
電通の講義

11月1日(水)に電通の方々による講義が行われました。

講義のようす1 講義のようす2



神奈川新聞に掲載されました

神奈川新聞2017年10月2日版にアントレプレナーシップ教育についての記事が掲載されました。「次世代にリーダーを 元石川高校アントレプレナーシップ教育」としてアントレの授業の様子などが紹介されています。




社会に貢献するパンを開発するプロジェクト

「社会に貢献するパンを開発するプロジェクト」の企画でできた「パン」が神戸屋レストランのたまプラーザテラス店で販売されました。9月9、10日に開催された平成29年度瑞穂祭では両日とも生徒の企画した「パン」は大変好評のうちに完売しました。

パン販売のようす パン販売のようす パン販売のようす